デイサービス「だんらんの家」転職・求人情報サイト

ブログ

介護労働者が今の仕事を選んだ理由ベスト3とは?未経験でも始められる介護職員の理由にも注目

現在介護職に就いている人は、どのような理由で今の仕事を選んだのでしょう? 令和2年度介護労働実態調査のレポートから読み取れる、さまざまな「理由」をご紹介します。介護職に興味を持っている、介護職未経験で求人への応募を迷っている方などは、ぜひ参考にしてください。

最も多い理由は「働きがいのある仕事だと思ったから 」

公益財団法人の介護労働安定センターによる令和2年度介護労働実態調査(※1)では、介護労働者の就業実態や、就業意識調査が行われました。

300ページ以上に及ぶ調査結果報告書のなかから、「現在の仕事を選んだ理由」の回答結果を見てみましょう。介護労働に関わる22,154人全体の「現在の仕事を選んだ理由」多かった回答のベスト3は以下でした。

1位  働きがいのある仕事だと思ったから(54.0%)

介護の仕事は、食事・入浴・排泄など生きるために欠かせない活動をサポートし、介護を必要としている人の日常生活を支えます。同時に、その家族にも心身の余裕をもたらすことができる仕事です。ほかの職種では感じられないやりがいを糧に働いている人が多いようです 。

2位 資格・技能が生かせるから(37.9%)

介護業界ではキャリアパス(どのような能力・経験を身に付ければ、目標とするキャリアに到達できるのか)を より明確にするために制度の見直しが行われています。保有資格に応じて手当が支給されることもあり、資格を取得したり、専門的なスキルを身につけることでステップアップができます。

3位 人や社会の役に立ちたいから(31.4%)
4位 今後もニーズが高まる仕事だから(31.0 %)

僅差で並んだのがこのふたつです。厚生労働省の発表によると、2040年度には約280万人の介護職員が必要になると見込まれ、人材不足は深刻な状況です。高齢化が進む日本では、今後も介護職のニーズは高まるでしょう。

介護職員に多かった「現在の仕事を選んだ理由」

22,154人の調査対象のうち、8864人が介護職員でした。ほかの職種と比較すると、介護職員の回答には特徴があります。

1位 働きがいのある仕事だと思ったから 45.4%
2位 今後もニーズの高まる仕事だから 30.5%
3位 人や社会の役に立ちたいから30.1%
4位 資格・技能が活かせるから 28.3%
5位 お年寄りが好きだから 27.7%
6位 介護の知識や技能が身につくから 27.6%

なかでも他職種(訪問介護員・サービス提供責任者・介護支援専門員)と比べ、目立って多かったのが「お年寄りが好きだから」。他の3職種では18~21%の人が選んでいますが、約28%の人が仕事を選んだ理由としてあげています。

また、「資格・技能が活かせる」は4職種中最も少なく、知識や技能が身につくでは2番目に多い回答を得ています。これは、介護職員が資格や経験なしでも始めることが可能な職種であることが反映しているものとみられます。

家族に代わって食事や入浴を介助したり、話し相手になったりする介護職員にとって、「お年寄りが好き」という思いはよい介護サービスを提供するうえで大切です。たとえ経験や資格がなくても、仕事を始める段階でこの気持ちが質の高いサービスにつながるため、未経験でも採用する施設は多いようです。

介護職員は介護業界エントリーに最適

「仕事に対する希望」をたずねたとところ、介護職員の57.2%が「今の仕事を続けたい」と回答 。「今の仕事を続けたい」という回答以外の23.1%も、介護業界のなかでステップアップしたいという希望をもっていました。介護職未経験の場合、介護職員は基本のコミュニケーションやスキルを磨くための最適な職種といえます。

民家改装型の小規模デイサービス「だんらんの家」でも、経験を問わず介護職員を募集しています。日勤が多く、パートでも始められるデイサービスのお仕事。「やってみたい」と思われた方はぜひ採用ページをチェックしてください。

(※1) 「令和2年度介護労働実態調査」(公益財団法人 介護労働安定センター)46ページ
http://www.kaigo-center.or.jp/report/pdf/2021r01_chousa_cw_kekka.pdf

Visited 28 times, 1 visit(s) today
関連記事

アーカイブ