デイサービス「だんらんの家」転職・求人情報サイト

ブログ

デイサービスの介護職に向いている性格とは?活躍している人大研究

介護の仕事とひとくちに言っても、職種や職場の状況により、仕事の内容や求められるスキルもさまざまです。今回は、デイサービス(通所介護)の仕事に注目し、どのような性格の人に向いているのか、活躍しているのはどんな人なのかを解説します。

■デイサービスの介護職に向いている人

デイサービス(通所介護)では、要介護1以上の認定を受けた利用者に日帰りで食事や入浴、レクリエーション、機能訓練などのサービスを提供します。

利用者は運動能力や認知能力の低下などにより、サポートが必要な場面はあるものの介護度があまり高くない方が多く、デイサービスでは、利用者同士やスタッフとの交流を楽しんでもらう目的もあります。

デイサービスで働くとき、介護の資格は必要ありませんが、以下のような性格に当てはまる人はデイサービスの仕事に向いているといえます。

・人と接するのが好き
・相手の立場に立って、物事を考えられる
・視野が広く冷静に状況を分析できる
・柔軟な対応ができる
・聞き上手

利用者によってできること、できないこと、自立度はさまざまなので、相手に合わせたコミュニケーションができる人にぴったりのお仕事です。

■デイサービスの介護職に向いていない人

ご説明したデイサービスの特徴上、デイサービスに向いていない可能性が高い性格もあります。

・協調性に欠ける
利用者が安全に一日を過ごすためにも、スタッフ同士が協力し、情報を共有する必要があります。

・効率を優先しがち
人を相手にする介護の仕事では、予定通りに物事が進まない場合も多々あります。その状況に柔軟に対応できる人が向いているといえます。

■小規模デイサービス「だんらんの家」で活躍している人

デイサービスのなかにも「大規模デイサービス」と「小規模デイサービス」があります。

「だんらんの家」は利用者の定員が最大でも10名。ひとりひとりの利用者と向き合える介護職の環境を探している人にはおすすめです。

「だんらんの家」で働くスタッフの声

新しく入ってきたスタッフに、介護職の資格はなく、経験も浅いけれどコミュニケーション能力に長けた方がいました。とにかく、利用者様の話に耳を傾けるんですね。利用者様が望んでいることを理解するのがいちばん大事なんだ、と教えられました」(生活相談員・だんらんの家 習志野)

予定通りのことをこなすだけではなく、たとえば天気のよい日、利用者様が目が外を向いていたら、窓を開けてお茶会でもやりましょうか、と提案したりします。その日の利用者様の気分に合わせて柔軟に対応できるのは、だんらんの家ならではです」(生活相談員・だんらんの家 あきしま郷地)

介護職は“人と接する”お仕事。利用者に質の高いサービスを提供するためには、介護施設の規模や設備も大きな要素ですが、実際に介護にあたるスタッフの考え方や人柄もサポートの質を左右します。

人に接するのが好き、相手の気持ちに沿った介護がしたい、そんな方はぜひ小規模デイサービス「だんらんの家」の求人情報をご覧ください。

関連記事