デイサービス「だんらんの家」転職・求人情報サイト

ブログ

和気あいあい小田原市のデイサービス「だんらんの家 富水」のスタッフに聞いてみた!|だんらんの家探訪④

小田原市の小田急線富水駅から徒歩3分。「だんらんの家 富水」は、最大定員10名の地域密着型デイサービスです。お料理イベントなど、生活にひもづいたサポートで利用者様に自信や役割を感じていただくことを心がけており、「行くのが楽しみ」という声を数多くいただいています。

小田原市近辺でデイサービスの介護職員、生活相談員など介護職の求人を探している方はぜひご覧ください。

■週3回のイベントが人気

ある日の「だんらんの家 富水」でのひとコマ。一軒家をリフォームした施設は大きな窓から光が降りそそぐ気持ちのよい空間です。

この日のイベントは季節のフルーツを盛りつけたクレープ作り。利用者様とスタッフが一緒に楽しみながら行います。

クレープの生地は一枚一枚、利用者様が焼いています。ふたり一組になって役割分担し、
「できたよ~!」
「ここはお願い~!」
と、見事な連携プレーも。

料理やお菓子を作るイベントは機能訓練の一環でもあり、「まだまだ自分にもできることがある」と利用者様の自信につながる貴重な機会です。

「だんらんの家 富水」では週3回、イベントを実施。料理のほか習字をして手指を動かしたり、カラオケで声を出したり、シニアヨガで衰えがちな体の動きを楽しみながら鍛えます。ときには、利用者様から企画を募ったり、利用者様とスタッフの垣根なく、アットホームな雰囲気を大切にしています。

■コンセプトは「生きる力を育む介護」

施設管理者を務める長嶋さんは、正社員やパート・アルバイトなど雇用形態に関係なく、風通しのよい職場づくりを心がけています

デイサービス「だんらんの家」に転職する前は老人保健施設でパートタイマーとして働いた経験があるという長嶋さん。前職では、パート職があまり尊重されていないと感じることがあったそうです。

自分が受けた待遇の苦い経験が、正社員・パートを問わず仲間として大切にし、気持ちよく働いてほしいという今の想いにつながっています。

また、施設管理者として働き始め、大きな壁にぶつかったとき、長嶋さんを救ったのは親身になって話を聞いてくれた上司の存在でした。悩みがあったら相談することの大切さ、話を聞いてくれる上司がいることの安心感を身にしみて感じてからは、

スタッフが相談しやすいよう、積極的に自分から話しかけるようにしています。仕事のルールも明確にし、新しい スタッフでもわかりやすく仕事が進められるようにしています

小規模デイサービス「だんらんの家 富水」には、良い評判を口コミで聞いて訪れる利用者様も多いそうです。スタッフが働きやすい環境が、満足度の高いサービスを実現しているのではないでしょうか。

小田原市近辺で介護やデイサービスの仕事をお探しの方は、ぜひ「だんらんの家富水」の求人情報をチェックしてみてください。

関連記事